ワキガは手術で治せる|剪除法で汗の量を減らそう

再建のタイミング

ブレスト

乳がんになると乳房を切り落とすことがあります。切り落とした部分の膨らみを取り戻したいのであれば乳房再建を検討しましょう。これを行なうタイミングは2つあり、乳がんの手術と同時に行なうこともあります。

もっと見る

臭わないワキを作る

脇

汗をかいたときに気になるのがワキの臭いでしょう。この部分は他と違って強い臭いを放ちます。特に強いワキの臭いのことはワキガと呼ばれており、周囲の人に不快な思いをさせてしまうのです。ワキガやワキ汗の対策グッズも多く、それらを使って臭いを抑えているという人もいるのです。しかし、対策グッズではワキガの原因を治すことはできません。あくまでも、一時的に臭いを消すものとして使われているのです。では、ワキガを根本から治すためにはどのようなことをしたらいいのでしょうか。ワキガの原因は雑菌の繁殖と関係しています。皮膚の上にいる雑菌がアポクリン汗腺という特殊な汗腺から出る汗を分解したときに強い臭いが発生しているのです。この雑菌の数が少なければ強い臭いを放つワキガにはなりませんが、数が増えると悪臭を漂わせるのです。アポクリン汗腺からの汗の量を減らすことと、雑菌の数が増えないよう清潔にしておくことが重要になります。

ワキガ対策のために汗の量を減らしたいという場合は美容外科で手術を受けるといいでしょう。美容外科でワキガの治療によく使われているのが剪除法という手術です。他にもいくつかの治療方法があるのですが、この剪除法での手術が再発を防ぐのに適した方法なのです。剪除法の手術はワキを皮膚で切開して行なわれるでしょう。そして、皮膚を裏返しハサミでアポクリン汗腺を切り取っていきます。医師が目で見てアポクリン汗腺を取り除けるのでほとんどを綺麗に切除できるでしょう。アポクリン汗腺が切除されることで、汗の量が減りワキガが改善します。

セルライトを撃退しよう

ビキニの女性

なかなか足痩せができないというときはセルライト除去の方法を考えましょう。美容整形ではセルライトに効果的な脂肪吸引という治療法があります。これを行なえばセルライトのある足も綺麗に痩せるでしょう。

もっと見る

レーザーを使う治療

フェイス

目立つようになったしみはどのように治療したらいいのでしょうか。東京にある美容外科や美容皮膚科では、内服薬や外用薬、ピーリングやレーザーなどでしみ治療をすることができます。

もっと見る