ワキガは手術で治せる|剪除法で汗の量を減らそう

レーザーを使う治療

フェイス

歳を重ねると頬や目の周りに現れるのがしみです。肌のしみを化粧で一生懸命隠すという人も少なくないでしょう。しみやくすみがあると肌が暗く見え、老けた印象を与えてしまうことがあります。また、それがあることで綺麗な肌とは呼べなくなってしまうのです。若々しくていつでも綺麗な肌でいたいという人はしみを作らないよう対策を行なうようにしましょう。すでに目立つようになっているしみはどのような方法で治療するといいのでしょうか。東京や大きな街の美容外科や美容皮膚科でしみ治療を受けることができるのです。しみ治療は内服薬や外用薬、ピーリング治療などいろいろな手段があります。ビタミンCが配合されている内服薬を飲むことでしみを薄くすることもできるでしょう。また、東京やその周辺の美容皮膚科で美白効果の高い外用薬をもらい、それを塗布することでしみ治療を行なうこともできます。ピーリングというのは、肌に適度な刺激を与えて生まれ変わりのスピードを早める方法です。肌の表面にあるしみはメラニン色素でできているので、新しくその色素が沈着していない肌をどんどん作ることで次第に薄くすることができるでしょう。

東京にある美容外科や美容皮膚科では、しみ治療にレーザーを使うこともあります。ここで使われるレーザーは黒や茶色のメラニン色素だけに反応するもので、普通の肌に照射しても害はありません。そのレーザーでしみやくすみになっている肌の細胞だけを破壊することができるのです。照射後数分で効果が得られるというものではなく、一度かさぶたになってそれが剥がれたら綺麗な新しい肌に生まれ変わっていることでしょう。効果的なしみ治療をしたいという場合は東京にある美容外科や美容皮膚科で相談しましょう。