ワキガは手術で治せる|剪除法で汗の量を減らそう

再建のタイミング

ブレスト

乳がんというのは女性に多い病気の1つです。このガンが進行してしまうことで命を落とす人も少なくありません。早期に発見することでそのリスクを低くすることができるのです。ただ、あまり痛みを感じることなく進行してしまう病気なので、気づいたときにはガンが大きくなっていることもあります。初期の段階で発見できた場合は乳房を切ることなく治療をすることもできるでしょう。しかし、ある程度ガンが大きくなってしまったときにはその部分の乳房を切除しなくてはいけなくなるのです。乳房を切除するということは女性にとってとてもつらいことです。精神的なダメージはもちろん、健康にも左右することがあります。例えば、左右のバランスが崩れることで肩や首に負担がかかってしまうでしょう。日常生活で煩わしさを感じることや自信が持てなくなることもあるのです。このような悩みを抱えないためにも、手術の可能性が出たときには乳房再建術のことも調べておきましょう。

乳房再建というのは、乳がんの手術で乳房を切除したときに膨らみを取り戻す方法です。切除や変形した乳房にコンプレックスを抱えているという場合はこの乳房再建で、綺麗な形に整えることも考えましょう。乳房再建術を行なうタイミングは2つあります。1つ目は乳がんの手術と同時に行なうという方法です。手術でガンを摘出した後、皮膚拡張期というものを乳房に挿入します。それが数ヶ月かけて皮膚と組織を膨らませるのです。その後、シリコンと差し替えることで乳房が再建されます。もう一方の乳房再建のタイミングは乳がん手術の数カ月後です。